1月12日

 夫の29歳の誕生日。昨日から、何も手伝わなくていいよと私一人で家事をしていたけれど、いつもと負担の度合いが変わらなかったのでいよいよ危機感を覚えた。

 すっきり起きたはずが、ふと生まれた眠気がどんどん強くなっていくので、お昼に1時間くらい眠った。いくらでも眠れそうだった。渋々仕事を再開し、終業時間が近づくにつれ集中が高まる。

 夫は22時まで働くというので、足りない食材を買いにスーパーへ行けた。今日の特別ポイントは、帆立とベビーリーフ。帆立はふるさと納税の返礼品、使うのが面倒でしばらく冷蔵庫で眠らせておいたもの。夕方に10個くらい取り出して、解凍した。ベビーリーフは、そもそも買うこと自体が特別。いつも葉野菜はキャベツ・レタス・白菜、たまにサニーレタスや水菜、煮たり焼いたりするなら小松菜・ほうれん草・青梗菜。それ以外の葉野菜を買うことはあまりないし、ベビーリーフは茎から外されたせいで栄養があまり残っていないように見えるので、実用的に考えると買う対象にはならない。

 帆立とトマトでカルパッチョを作り、上にベビーリーフとプチトマト、生ハムを散らす(プチトマトもまた買った。お弁当生活をやめて買わなくなったものの一つ)。それと、鶏もも肉のソテー、付け合わせは玉葱、黄色いパプリカとエリンギ。少しだけ特別な要素を入れると、作るのが少しだけ楽しくなる。夫、料理の楽しさを思い出させてくれてありがとう。お誕生日おめでとう。